【解答編】本好(もとよし)警部からの挑戦状

事件を解決に導いた探偵たち

解答

クリックでそれぞれの謎の解答に移動します

初級の暗号

モトヨシ学園で発生した3つの殺人事件の被害者は、犯人のフルネームに関連したダイイングメッセージを残していました。
主人公を除いた人物のフルネームは、小説内では直接記載されていませんが、会話の内容から推 測することができます。ニックネームとフルネームの対応付けを行ったうえで、3つの殺人事件か ら容疑者を絞り込みます。

● 書道室の殺人

書道室

矢の隣にある五十音表の「う」を指差しているため、容疑者は「井下」「江上」「矢隣」の4人に絞られます。

● 音楽室の殺人

音楽室

「レ」「ミ」「ソ」の3つの鍵盤に血痕があることから、リンク先のきらきら星の楽譜の中から、3つの音階に対応する歌詞を拾います。

レ→ほ、し、は、る
ミ→ら、の、し、て、み
ソ→き、ら、る、ま、ば、み、ん

この組み合わせで成立する名前は、「はるみ」または「てるき」になります。

● 体育館倉庫の殺人

体育館倉庫

大きさの異なる8種類のボールは、太陽系の8つの惑星を現しています。
そして、8人の登場人物のフルネームには、惑星名の頭文字(水金地火木土天海)が含まれています。

被害者が左手に持っている最も小さいピン球は、最も小さい水星を示しています。
そして、右手で指差しているバスケットボールまたはドッヂボールは、犯人を示しています。
これら2つのボールは、惑星を大きい順に並べた時、一番大きい木星と三番目に大きい天王星に対応しています。

フルネームに「木」または「天」が含まれる容疑者は、「輝樹」、「矢隣」兄弟の3人に絞られます。

以上をふまえて、以下のように整理すると、3つの殺人の共通の容疑者は、「井下輝樹」となり、彼がこの事件の犯人であることがわかります。

体育館倉庫解答図

上級の暗号

始めに、小説内の挿絵で示された3つの暗号を解読します。

● 第一の暗号

文字列を4×4の枠に図のように収め、左上から右方向に読むと、「こたえはどうぶつのみぎにあります(答えは動物の右にあります)と読むことができます。
下部の選択肢の中から動物の右隣の絵の下にあるアルファベットを拾い、 色になるよう並び替えます。 答えは、「gold」です。

第一の暗号図

● 第二の暗号

1行目:
わん、つー、すりー、ふぉー・・・と、数字を1から英語で数えた時の頭文字を示しています。
?に入る文字は、「す」です。

2行目:
星座の頭文字を示しています。?に入る文字は、射手座の「い」です。

3行目:
干支の頭文字を示しています。?に入る文字は、申の「さ」です。

4行目:
ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ・・・と数えた時の頭文字を示しています。?に入る文字は、「い」です。

5行目: 元旦、成人の日、建国記念日・・と国民の休日の頭文字を示しています。?に入る文字は、「が」です。
以上より、?に入る文字を続けて読むと、「すいさいが(水彩画)」となります。
選択肢の中で水彩画タッチのイラストになっているのは、aの口紅、mのキノコ、pのおにぎりの3つです。本のタイトルになるよう並び替えると「map」となります。

第二の暗号図

● 第三の暗号

縞模様の向きに気をつけて6つの図形のグループを並べ替えると、アルファベットをくりぬいたような形が出来上がります。「AONOUE(青の上)」、つまり青い色の絵の上にある絵に対応する文字を拾って、人形の部位になるように並べ替えると、「head」となります。

第三の暗号図

● その先の暗号

メッセージカードに何が書かれているかを見つけるためには、本好警部から伝えられたヒントに従う必要があります。

==引用==
よく思い出してみたまえ。諸君らがわしの作った暗号に挑戦する前、つまりそう、この本好からの挑戦状に挑む際にな。わしから告げた言葉があるじゃろう。

あれをよく読んで、もう一度最初から物語を辿ってみてはどうじゃ。
きっとそこに答えがあるぞ!
======

挑戦状に挑む際に告げられた言葉とは、このキャンペーンの遊び方説明のことを示しています。
その冒頭にはこのように記載されていました。

その先の暗号図1

初級の暗号から上級の暗号のこの段階まで、暗号解読で使用されていませんでしたが、ここで始めてDigital e-honのサイトを利用することになります。
トップページを注意深く調べると、「怪しい館と少年探偵団」の表紙に描かれているものと同じ館を見つけることができます。

その先の暗号図2

バナーをクリックすると、小説に書かれている内容と同じように、色の異なる6つの扉が並んでいます。

その先の暗号図3

この小説は、少年探偵団が館の中で宝物を探す物語であると同時に、Digital e-honサイト内で宝物に辿り着くまでの道順を示した物語でもありました。

小説に書かれた内容に従って、金の扉を開け、「MAP」というタイトルの本を押し、ろうそくの間にあるフランス人形の頭を調べると、最後の暗号に辿り着くことができました。

その先の暗号図4

「こたえ順番にうめろ」とは、これまでに解いた3つの暗号の選択肢 「g、o、l、d」 、「m、a、p」「 h、e、a、d」に対応するイラストの名前を枠内に埋めることを示しています。

イラストは複数通りの解釈ができるようになっています。枠内の文字数に収まるように、また赤いマスを縦読みできるように、イラストを解釈して名前を埋めていきます。
(例:1つ目の暗号のgは、「しんごう」、「あかしんごう」等の読み方が考えられますが、解答欄が6マスのため、「あかしんごう」と埋める)

すると、以下のように埋まります。

その先の暗号図5

赤いマスを縦に読むと、「余った食べ物埋めろ」と読むことができます。
「余った食べ物」とは、3つの暗号の選択肢の中で選択しなかった食べ物のことを示しています。
今度はこの解答欄に選択しなかった食べ物の名前を埋めていきます。
この際、暗号の登場の順番に、また、アルファベットの若い順番に埋めていきます。
すると以下のようになります。

その先の暗号図6

以上より、メッセージカードに書かれていたのは、「きみたちはめいたんてい」となります。



謎制作を行った謎組(@NAZOGUMI)の謎解きイベント情報をメルマガにてお届けしています。
イベント情報をご希望の方はフォームからご登録ください。

謎組メルマガ
お名前(ニックネーム)*
メールアドレス*
Copyright © 2016 謎組 x 株式会社トーハン All Right Reserved.