医学のあゆみ
医学
医学のあゆみ 第260巻4号(2017年1月28日号)
対象誌 :
医学のあゆみ
出版社 :
医歯薬出版

Digital e-honで販売中の商品

価格(税込み)

【心臓サルコイドーシス診療最前線 −あらたな診療ガイドライン作成後の新展開】 あらたな心臓サルコイドーシス診療ガイドラインの概要 Brief overview of upcoming guidelines for diagnosis and treatment of cardiac sarcoidosis1,080円
【心臓サルコイドーシス診療最前線 −あらたな診療ガイドライン作成後の新展開】 心臓サルコイドーシスに対する不整脈診療の現状と課題 Current status and issue for the treatment and diagnosis of arrhythmias in cardiac sarcoidosis1,080円
【心臓サルコイドーシス診療最前線 −あらたな診療ガイドライン作成後の新展開】 心臓サルコイドーシスに対する免疫抑制療法と予後 Immunosuppression and prognosis of cardiac sarcoidosis1,080円
【心臓サルコイドーシス診療最前線 −あらたな診療ガイドライン作成後の新展開】 サルコイドーシスにおける疾患感受性遺伝子 The susceptibility genes for sarcoidosis1,080円
【心臓サルコイドーシス診療最前線 −あらたな診療ガイドライン作成後の新展開】 心サルコイドーシスの病因論と免疫学的組織診断の有用性 −P. acnes病因論に基づいた臨床応用 Etiologic hypothesis and immunohistochemical diagnosis of cardiac sarcoidosis1,080円
【心臓サルコイドーシス診療最前線 −あらたな診療ガイドライン作成後の新展開】 心臓限局性サルコイドーシス −診断と治療の問題点 Isolated cardiac sarcoidosis:clinical diagnosis and management1,080円
【心臓サルコイドーシス診療最前線 −あらたな診療ガイドライン作成後の新展開】 18F−FDG PETによる心臓サルコイドーシスの診断・治療モニタリングとピットフォール Diagnosis and therapeutic monitoring of cardiac sarcoidosis by 18F−FDG PET and its pitfall1,080円
【心臓サルコイドーシス診療最前線 −あらたな診療ガイドライン作成後の新展開】 心臓サルコイドーシスの炎症活動性とは −診断精度の高い血清マーカー確立のために Inflammatory activity of cardiac sarcoidosis1,080円
薬理学・毒性学 “しびれ”発症の分子メカニズム Molecular mechanism of hindlimb ischemia/reperfusion−evoked painful dysesthesia1,080円
循環器内科学 ミッドカインの新しい役割 −心腎連関調節機構に関して Pivotal role of midkine in the regulation of cardio−renal association1,080円
腎臓内科学 ポドサイトにおけるがん抑制遺伝子p53の役割 The role of tumor suppressor gene p53 in podocyte1,080円
グローバル感染症最前線 NTDsの先へ(Vol.17) 顧みられない熱帯病の治療薬開発へのDNDiの役割 Role of DNDi on drug development for neglected tropical diseases1,080円
性差医学・医療の進歩と臨床展開 Vol.3 脳卒中(脳梗塞,脳出血,くも膜下出血)の性差 Gender difference in stroke1,080円
FORUM 高齢者施設における経口維持加算の算定1,080円
ゲノム医療時代の遺伝子関連検査の現状と展望 Vol.3 ゲノム医療時代のバイオインフォマティクス1,080円

バックナンバーはこちらご覧になりたい巻号数(NO.)をクリックして下さい

2017年
Vol - No.
1月 Vol.260 No.1 Vol.260 No.2 Vol.260 No.3 Vol.260 No.4  
2016年
Vol - No.
12月 Vol.259 No.10 Vol.259 No.11 Vol.259 No.12-13 Vol.259 No.14  
11月 Vol.259 No.6 Vol.259 No.7 Vol.259 No.8 Vol.259 No.9  
10月 Vol.259 No.1 Vol.259 No.2 Vol.259 No.3 Vol.259 No.4 Vol.259 No.5
9月 Vol.258 No.10 Vol.258 No.11 Vol.258 No.12 Vol.258 No.13  
8月 Vol.258 No.6 Vol.258 No.7-8 Vol.258 No.9    
7月 Vol.258 No.1 Vol.258 No.2 Vol.258 No.3 Vol.258 No.4 Vol.258 No.5
6月 Vol.257 No.10 Vol.257 No.11 Vol.257 No.12 Vol.257 No.13  
5月 Vol.257 No.6 Vol.257 No.7 Vol.257 No.8 Vol.257 No.9  
4月 Vol.257 No.1 Vol.257 No.2 Vol.257 No.3 Vol.257 No.4 Vol.257 No.5
3月 Vol.256 No.10 Vol.256 No.12 Vol.256 No.11 Vol.256 No.13  
2月 Vol.256 No.6 Vol.256 No.7 Vol.256 No.8 Vol.256 No.9  
1月 Vol.256 No.1 Vol.256 No.2 Vol.256 No.3 Vol.256 No.4 Vol.256 No.5
2015年
Vol - No.
12月 Vol.255 No.10 Vol.255 No.11 Vol.255 No.12・13    
11月 Vol.255 No.6 Vol.255 No.7 Vol.255 No.8 Vol.255 No.9  
10月 Vol.255 No.1 Vol.255 No.2 Vol.255 No.3 Vol.255 No.4 Vol.255 No.5
9月 Vol.254 No.10 Vol.254 No.11 Vol.254 No.12 Vol.254 No.13  
8月 Vol.254 No.5 Vol.254 No.6・7 Vol.254 No.8 Vol.254 No.9  
7月 Vol.254 No.1 Vol.254 No.2 Vol.254 No.3 Vol.254 No.4  
6月 Vol.253 No.10 Vol.253 No.11 Vol.253 No.12 Vol.253 No.13  
5月 Vol.253 No.5 Vol.253 No.6 Vol.253 No.7 Vol.253 No.8 Vol.253 No.9
4月 Vol.253 No.1 Vol.253 No.2 Vol.253 No.3 Vol.253 No.4  
3月 Vol.252 No.10 Vol.252 No.11 Vol.252 No.12 Vol.252 No.13  
2月 Vol.252 No.6 Vol.252 No.7 Vol.252 No.8 Vol.252 No.9  
1月 Vol.252 No.1 Vol.252 No.2 Vol.252 No.3 Vol.252 No.4 Vol.252 No.5
2014年
Vol - No.
12月 Vol.251 No.10 Vol.251 No.11 Vol.251 No.12・13    
11月 Vol.251 No.5 Vol.251 No.6 Vol.251 No.7 Vol.251 No.8 Vol.251 No.9
10月 Vol.251 No.1 Vol.251 No.2 Vol.251 No.3 Vol.251 No.4  
9月 Vol.250 No.10 Vol.250 No.11 Vol.250 No.12 Vol.250 No.13  
8月 Vol.250 No.5 Vol.250 No.6・7 Vol.250 No.8 Vol.250 No.9  
7月 Vol.250 No.1 Vol.250 No.2 Vol.250 No.3 Vol.250 No.4  
6月 Vol.249 No.9 Vol.249 No.10 Vol.249 No.11 Vol.249 No.12 Vol.249 No.13
5月 Vol.249 No.5 Vol.249 No.6 Vol.249 No.7 Vol.249 No.8  
4月 Vol.249 No.1 Vol.249 No.2 Vol.249 No.3 Vol.249 No.4  
3月 Vol.248 No.9 Vol.248 No.10 Vol.248 No.11 Vol.248 No.12 Vol.248 No.13
2月 Vol.248 No.5 Vol.248 No.6 Vol.248 No.7 Vol.248 No.8  
1月 Vol.248 No.1 Vol.248 No.2 Vol.248 No.3 Vol.248 No.4  
2013年
Vol - No.
12月 Vol.247 No.9 Vol.247 No.10 Vol.247 No.11 Vol.247 No.12・13  
11月 Vol.247 No.5 Vol.247 No.6 Vol.247 No.7 Vol.247 No.8  
10月 Vol.247 No.1 Vol.247 No.2 Vol.247 No.3 Vol.247 No.4  
9月 Vol.246 No.10 Vol.246 No.11 Vol.246 No.12 Vol.246 No.13  
8月 Vol.246 No.5 Vol.246 No.6・7 Vol.246 No.8 Vol.246 No.9  
7月 Vol.246 No.1 Vol.246 No.2 Vol.246 No.3 Vol.246 No.4  
6月 Vol.245 No.9 Vol.245 No.10 Vol.245 No.11 Vol.245 No.12 Vol.245 No.13
5月 Vol.245 No.5 Vol.245 No.6 Vol.245 No.7 Vol.245 No.8  
4月 Vol.245 No.1 Vol.245 No.2 Vol.245 No.3 Vol.245 No.4  
3月 Vol.244 No.9 Vol.244 No.10 Vol.244 No.11 Vol.244 No.12 Vol.244 No.13
2月 Vol.244 No.5 Vol.244 No.6 Vol.244 No.7 Vol.244 No.8  
1月 Vol.244 No.1 Vol.244 No.2 Vol.244 No.3 Vol.244 No.4  
2012年
Vol - No.
12月 Vol.243 No.9 Vol.243 No.10 243 11・12 Vol.243 No.13  
11月 Vol.243 No.5 Vol.243 No.6 Vol.243 No.7 Vol.243 No.8  
10月 Vol.243 No.1 Vol.243 No.2 Vol.243 No.3 Vol.243 No.4  
9月 Vol.242 No.9 Vol.242 No.10 Vol.242 No.11 Vol.242 No.12 Vol.242 No.13
8月 Vol.242 No.5 Vol.242 No.6・7 Vol.242 No.8    
7月 Vol.242 No.1 Vol.242 No.2 Vol.242 No.3 Vol.242 No.4  
6月 Vol.241 No.9 Vol.241 No.10 Vol.241 No.11 Vol.241 No.12 Vol.241 No.13
5月 Vol.241 No.5 Vol.241 No.6 Vol.241 No.7 Vol.241 No.8  
4月 Vol.241 No.1 Vol.241 No.2 Vol.241 No.3 Vol.241 No.4  
3月 Vol.240 No.9 Vol.240 No.10 Vol.240 No.11 Vol.240 No.12 Vol.240 No.13
2月 Vol.240 No.5 Vol.240 No.6 Vol.240 No.7 Vol.240 No.8  
1月 Vol.240 No.1 Vol.240 No.2 Vol.240 No.3 Vol.240 No.4  
2011年
Vol - No.
12月 Vol.239 No.10 Vol.239 No.11 Vol.239 No.12・13 Vol.239 No.14  
11月 Vol.239 No.6 Vol.239 No.7 Vol.239 No.8 Vol.239 No.9  
10月 Vol.239 No.1 Vol.239 No.2 Vol.239 No.3 Vol.239 No.4 Vol.239 No.5
9月 Vol.238 No.10 Vol.238 No.11 Vol.238 No.12 Vol.238 No.13  
8月 Vol.238 No.6 Vol.238 No.7・8 Vol.238 No.9    
7月 Vol.238 No.1 Vol.238 No.2 Vol.238 No.3 Vol.238 No.4 Vol.238 No.5
6月 Vol.237 No.10 Vol.237 No.11 Vol.237 No.12 Vol.237 No.13  
5月 Vol.237 No.6 Vol.237 No.7 Vol.237 No.8 Vol.237 No.9  
4月 Vol.237 No.1 Vol.237 No.2 Vol.237 No.3 Vol.237 No.4 Vol.237 No.5
3月 Vol.236 No.10 Vol.236 No.11 Vol.236 No.12 Vol.236 No.13  
2月 Vol.236 No.6 Vol.236 No.7 Vol.236 No.8 Vol.236 No.9  
1月 Vol.236 No.1 Vol.236 No.2 Vol.236 No.3 Vol.236 No.4 Vol.236 No.5
2010年
Vol - No.
12月 Vol.235 No.10 Vol.235 No.11 Vol.235 No.12・13    
11月 Vol.235 No.6 Vol.235 No.7 Vol.235 No.8 Vol.235 No.9  
10月 Vol.235 No.1 Vol.235 No.2 Vol.235 No.3 Vol.235 No.4 Vol.235 No.5
9月 Vol.234 No.10 Vol.234 No.11 Vol.234 No.12 Vol.234 No.13  
8月 Vol.234 No.6 Vol.234 No.7・8 Vol.234 No.9    
7月 Vol.234 No.1 Vol.234 No.2 Vol.234 No.3 Vol.234 No.4 Vol.234 No.5
6月 Vol.233 No.10 Vol.233 No.11 Vol.233 No.12 Vol.233 No.13  
5月 Vol.233 No.5 Vol.233 No.6 Vol.233 No.7 Vol.233 No.8 Vol.233 No.9
4月 Vol.233 No.1 Vol.233 No.2 Vol.233 No.3 Vol.233 No.4  
3月 Vol.232 No.10 Vol.232 No.11 Vol.232 No.12 Vol.232 No.13  
2月 Vol.232 No.6 Vol.232 No.7 Vol.232 No.8 Vol.232 No.9  
1月 Vol.232 No.1 Vol.232 No.2 Vol.232 No.3 Vol.232 No.4 Vol.232 No.5
2009年
Vol - No.
12月 Vol.231 No.10 Vol.231 No.11 Vol.231 No.12    
11月 Vol.231 No.6 Vol.231 No.7 Vol.231 No.8 Vol.231 No.9  
10月 Vol.231 No.1 Vol.231 No.2 Vol.231 No.3 Vol.231 No.4 Vol.231 No.5
9月 Vol.230 No.10 Vol.230 No.11 Vol.230 No.12 Vol.230 No.13  
8月 Vol.230 No.5 Vol.230 No.6・7 Vol.230 No8 Vol.230 No.9  
7月 Vol.230 No.1 Vol.230 No.2 Vol.230 No.3 Vol.230 No.4  
6月 Vol.229 No.10 Vol.229 No.11 Vol.229 No.12 Vol.229 No.13  
5月 Vol.229 No.5 Vol.229 No.6 Vol.229 No.7 Vol.229 No.8 Vol.229 No.9
4月 Vol.229 No.1 Vol.229 No.2 Vol.229 No.3 Vol.229 No.4  
3月 Vol.228 No.10 Vol.228 No.11 Vol.228 No.12 Vol.228 No.13  
2月 Vol.228 No.6 Vol.228 No.7 Vol.228 No.8 Vol.228 No.9  
1月 Vol.228 No.1 Vol.228 No.2 Vol.228 No.3 Vol.228 No.4 Vol.228 No.5
2008年
Vol - No.
12月 Vol.227 No.10 Vol.227 No.11 Vol.227 No.12・13    
11月 Vol.227 No.5 Vol.227 No.6 Vol.227 No.7 Vol.227 No.8 Vol.227 No.9
10月 Vol.227 No.1 Vol.227 No.2 Vol.227 No.3 Vol.227 No.4  
9月 Vol.226 No.10 Vol.226 No.11 Vol.226 No.12 Vol.226 No.13  
8月 Vol.226 No.5 Vol.226 No.6・7 Vol.226 No.8 Vol.226 No.9  
7月 Vol.226 No.1 Vol.226 No.2 Vol.226 No.3 Vol.226 No.4  
6月 Vol.225 No.10 Vol.225 No.11 Vol.225 No.12 Vol.225 No.13  
5月 Vol.225 No.5 Vol.225 No.6 Vol.225 No.7 Vol.225 No.8 Vol.225 No.9
4月 Vol.225 No.1 Vol.225 No.2 Vol.225 No.3 Vol.225 No.4  
3月 Vol.224 No.9 Vol.224 No.10 Vol.224 No.11 Vol.224 No.12 Vol.224 No.13
2月 Vol.224 No.5 Vol.224 No.6 Vol.224 No.7 Vol.224 No.8  
1月 Vol.224 No.1 Vol.224 No.2 Vol.224 No.3 Vol.224 No.4  
2007年
Vol - No.
12月 Vol.223 No.9 Vol.223 No.10 Vol.223 No.11・12 Vol.223 No.13  
11月 Vol.223 No.5 Vol.223 No.6 Vol.223 No.7 Vol.223 No.8  
10月 Vol.223 No.1 Vol.223 No.2 Vol.223 No.3 Vol.223 No.4  
9月 Vol.222 No.9 Vol.222 No.10 Vol.222 No.11 Vol.222 No.12 Vol.222 No.13
8月 Vol.222 No.5 Vol.222 No.6・7 Vol.222 No.8    
7月 Vol.222 No.1 Vol.222 No.2 Vol.222 No.3 Vol.222 No.4  
6月 Vol.221 No.9 Vol.221 No.10 Vol.221 No.11 Vol.221 No.12 Vol.221 No.13
5月 Vol.221 No.5 Vol.221 No.6 Vol.221 No.7 Vol.221 No.8  
4月 Vol.221 No.1 Vol.221 No.2 Vol.221 No.3 Vol.221 No.4  
スマートフォン向けページを表示