このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
看護 〈各論〉看護助手の基準を基に一般病棟での看護助手業務の技術習得に向けた取り組み
所属
:
島根県済生会江津総合病院看護部
出版社
:
ファイルページ数
:
5ページ
ファイル容量
:
1.2MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
はじめに
 看護師不足が叫ばれている昨今,当病院も例外ではなく,昨年は療養病棟が閉鎖された。そのため,4月に療養病棟で働いていた看護補助者(以下,助手)が一般病棟に移動となった。助手が各部署1〜2名の増員となり,その結果,従来の助手だけで行なう業務以外に患者に関わる業務が加わった。
 看護師,助手とともに不安を抱えた状況の中で,一般病棟でどうすれば,助手業務の技術が習得でき,水準を保つことができるのかを考えた。9か月が過ぎた今,試行錯誤の段階ではあるが,看護助手基準を基に一般病棟での看護助手業務の技術習得に向けた現場での取り組みを紹介する。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示