このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 弛緩出血とその対応
所属
:
1)順天堂大学医学部産婦人科学教室, 2)山王病院リプロダクションセンター, 3)埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター
出版社
:
ファイルページ数
:
8ページ
ファイル容量
:
5.1MB
税込価格:648円 獲得ポイント:18pt (3%)
内容紹介:
 弛緩出血は大量出血や母体死亡原因となりうるため、鑑別診断とともに救急対応が求められる。双手圧迫や子宮腔内強填タンポン、子宮収縮薬の投与、全身管理などで止血できなければ、動脈塞栓術や外科的処置が必要となる。大量出血からDICを併発すれば、新鮮凍結血漿を中心とした凝固因子補充が最優先される。帝王切開術での弛緩出血や胎盤剥離面よりの出血ではB-Lynch縫合やvertical compression sutureなどの子宮圧迫縫合法や子宮動脈結紮術が著効することがある。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示