このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
medicine-ico
【肺炎2010】 肺炎の分類 CAP(市中肺炎)、HCAP(医療ケア関連肺炎)、HAP(院内肺炎)
所属
:
名古屋大学大学院医学系研究科呼吸器内科学
特集・連載名
:
出版社
:
ファイルページ数
:
7ページ
ファイル容量
:
3.4MB
価格:648円(税込み) 獲得ポイント:18pt (3%)
立ち読みしてみる
すぐ購入する
カートに入れる
内容紹介:
近年、common diseaseである肺炎に対する初期治療の考え方が変わってきている。図1に示すようにかつて肺炎は、市中肺炎(CAP:Community-Acquired Pneumonia)と院内肺炎(HAP:Hospital-Acquired Pneumonia)の大きく2つのカテゴリーに分けられていた。しかし、2005年に改訂された米国胸部学会(ATS)と米国感染症学会(IDSA)から医療ケア関連肺炎(HCAP:Health-Care-Associated Pneumonia)、HAP、人工呼吸器関連肺炎(VAP:Ventilator-Associated Pneumonia)の合同ガイドラインが発表されてから、肺炎はCAP、HCAP、HAP/VAPの3群に分けて初期抗菌治療を考えるようになってきている。新たなカテゴリーとして最近注目を集めているのが、HCAPである。この定義に関してはさまざまな議論があるが、われわれは表1のような各肺炎カテゴリーの定義を提案している。このHCAPという概念がうまれた理由は、かつてCAPと定義されていた患者群のなかに、医療ケアとの関わりが深く、市中(病院外)にいながら緑膿菌やMRSAなどの耐性菌が多く検出され、CAPと同じ初期抗菌治療では不適切な治療に陥りやすく、かつ予後も不良である一群が存在するためである。そして、これらをHCAPとしてCAPとは切り離して治療戦略を考える必要があり、その初期抗菌薬を決定する際には耐性菌に留意して欲しいという狙いがある。本章では、図1、表1に示した分類が必要である根拠と重要性を、国内データを示しながら、それぞれの肺炎カテゴリーにおける治療の考え方について述べていく。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter