このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【褐色細胞腫の診断と治療-最近の進歩と今後の展開】 悪性褐色細胞腫の診断(Diagnosis of malignant pheochromocytoma)
所属
:
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院代謝・内分泌内科
出版社
:
ファイルページ数
:
5ページ
ファイル容量
:
0.4MB
ダウンロード期間
:
365日
税込価格:1,080円 獲得ポイント:30pt (3%)
内容紹介:
現在でも悪性褐色細胞腫の病理診断は困難で、非クロマフィン組織への遠隔転移の証明が悪性診断の唯一の要件となる。この事実は2009年に実施された厚労省難治性疾患研究班による実態調査で、悪性褐色細胞腫患者中、当初良性と診断された例が約40%存在することから再確認された。また、悪性褐色細胞腫に対する有効な化学療法、内照射療法は確立されておらず、手術が唯一の根治治療となることから、悪性の早期診断法や将来の再発・転移を予知する優れたマーカーの同定が期待されている。本稿では、悪性褐色細胞腫の診断の現状と、あらたな取組みについて概説する。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示