このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 成長障害児と家族における成長ホルモン注射実施状況と痛みの実態
所属
:
1)日本赤十字豊田看護大学, 2)なごやかこどもクリニック
特集・連載名
:
ファイルページ数
:
4ページ
ファイル容量
:
3.4MB
ダウンロード期間
:
365日
税込価格:810円 獲得ポイント:22pt (3%)
内容紹介:
はじめに
 「ヒト成長ホルモン(growth hormone:GH)製剤の補充は、GH分泌不全性低身長の第一選択として、既に確立された治療法である。さらに、臨床的に著しい低身長を呈し、GH分泌不全の所見はなくともGH投与により成長促進効果が認められる疾患があり、わが国ではこれまでにTurner症候群、軟骨異栄養症、慢性腎不全に伴う低身長、Prader-Willi症候群に対する成長ホルモン療法(以下、GH治療)が承認されている」。GH療法は、在宅での自宅注射が認められており、通院などの負担が少なく療養継続ができる。
 成長障害児への治療には、早期診断、早期治療開始が原則となる。しかし、低年齢の子どもの場合、注射に痛みが伴ったり精神的ストレスになる可能性がある。一方、年長になると子ども自身が注射を実施するため、手技が子どもに任され、確認は困難である。治療は長期になることが多く、注射による不安や苦痛が伴うことも多い現状がある。したがって、苦痛を軽減するため、実施方法の指導や精神的な支援が必要とされる。
 そこで、GH療法の自己注射時の痛みについて自己注射実施状況を調査し、痛みへの援助について検討したので報告する。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示