このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
medicine-ico
拡大内視鏡検査−pit pattern診断−
価格:540円(税込み) 獲得ポイント:15pt (3%)
立ち読みしてみる
すぐ購入する
カートに入れる
内容紹介:
Summary
 拡大観察を用いたpit pattern診断学は、腺管開口部の形態を観察することにより大腸上皮性病変の質・深達度診断をするものである。pit pattern診断学が確立された今日においては、内視鏡検査で病変を確認すると、瞬時に質診断(腫瘍・非腫瘍の鑑別)および量診断(深達度診断)ができ、病理組織診断を待たずして内視鏡の所見から組織構築を想定することができるようになり、治療方針を選択できるようになった。
 当科の検討では、pit patternの質診断能(癌診断能)は全体正診率80.0%、感度42.9%、特異度98.8%で、深達度診断能(pSM-m以深癌の診断能)は、全体正診率85.7%、感度82.1%、特異度88.1%、と高い診断能を示した。しかしpit pattern診断からわかるものは病変最表層部の構造異型と腺管密度であり、深部を直接観察したものではなく、あくまで表面構造から深部の状況を間接的に推察する診断学であることや粘液などの病変表面の付着物の存在により診断能が下がることなどを理解し、またpit pattern診断そのものに限界があることを承知していなければならない。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
無料ダウンロード
facebook twitter