このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【心不全のチーム医療 −高齢心不全患者をどう支えるか?】 [各職種の心不全チームへのかかわりと役割] 理学療法士の視点から
所属
:
1)公益財団法人日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院理学療法科, 2)公益財団法人日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院循環器内科
ファイルページ数
:
6ページ
ファイル容量
:
0.6MB
税込価格:1,188円 獲得ポイント:33pt (3%)
内容紹介:
●「運動療法」を中心とした回復期心臓リハビリテーション(心リハ)は,心不全の病態に関連するさまざまな要因を適正化し,生活の質(QOL)や生命予後を改善する.
●急性心不全患者における,急性期治療と並行した「早期離床」は,退院時の歩行能力や日常生活動作(ADL)などの機能的予後を維持・改善する効果が期待できる.
●理学療法士は,心不全患者の病期,併存疾患および身体機能から至適活動量を推測し,安全かつ効果的に心リハを実施するために,他職種と情報共有を図ることが必要となる.
●理学療法士は,包括的心リハを提供するチームの一員として,心不全患者における疾患管理の1つとして,患者自身が適切な身体活動を継続できるよう貢献することが重要である.
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示