このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
一億総貧困時代
紙の本の価格: 1,512円

  
ノンフィクション・教養 一億総貧困時代
税込価格:1,361円 獲得ポイント:63pt (5%)
内容紹介:
性的虐待の果て、父親の子どもを産んだ女性。長年の介護生活の果て、両親とともに死のうと川に車で突っ込み、娘だけが生き残った「利根川一家心中事件」。介護離職から路上へ、そして支援者となった男性――。ごく一部の富裕層を除き、多くの人々にとってすでに他人事ではない「貧困/自己責任大国」日本の現実とその構造を、さまざまな「当事者」たちへの取材を通して、平易な言葉であぶり出す。疲弊する個人と社会に、今、どんな処方箋がありうるのか。<貧困問題>を10年以上にわたりさまざまな角度から追ってきた著者による、いままさに、切実な1冊。超格差・超高齢化社会の中で、今後、必然的に<弱者>となる多くの私たちは、どう生き抜くことができるのか? 奨学金、ブラック企業、性産業、そして原発事故や外国人労働者問題など、現代のこの国に潜む、あらゆる「貧困」に斬り込んだ渾身の一冊。

【目次】

まえがき
1 「お父さんの子どもを産みました」――虐待の末、路上に辿り着いた女性
2 子どもの虐待と〈貧困〉――見えない孤立と声なきSOS、その傍らで
3 介護離職から路上へ、そして路上から支援者へ――親の介護から人生が一変して
4 「生き残ったのが、父じゃなくて私で良かった」――〈利根川一家心中事件〉裁判傍聴で明らかになったこと
5 スーパーグローバルな「おせっかいおばちゃん」――この国で生きる外国人を支える人々
6 原発避難者の今――「原発はもう安全」というストーリーが生み出す〈貧困〉
7 学生が1600万円以上の借金を背負うシステム――奨学金破産1万人・日本の特殊な現状
8 〈アリさんマークの引越社〉、その「アリ地獄」的実態――剥き出しの悪意と人権侵害の企業で闘う
9 性産業はセーフティネットたり得るか――「風俗」と「福祉」を繋ぐ〈風テラス〉の試み
10 人の命を財源で語るな――〈生存権裁判〉が問いかけるもの
11 〈相模原障害者施設殺傷事件〉を受けて――〈スーパー猛毒ちんどん〉と、ALS患者たちの生きる実践
〈座談会〉それでも私たちは生きていく――30代男女に聞く「非正規労働者」の現在・過去・未来
あとがき
ご購入コンテンツについて
●コンテンツのご利用には、Digital e-honアプリ(無料)のインストールが
 必要です。
●保存可能/印刷不可
●端末5台まで利用可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示