このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
看護 【増える地域包括ケア病棟への転換 これからの病院を考える】 インタビュー 地域包括ケア病棟の役割と今後
税込価格:756円 獲得ポイント:21pt (3%)
内容紹介:
 地域包括ケア病棟の存在で医療はどう変わるのか、病院はどう変わらねばならないのか。地域包括ケア病棟が必要とされる社会背景、期待される役割、そして今後について、猪口雄二さんにお話をうかがいました。
地域包括ケア病棟の本来の役割を再認識したい
地域包括ケア病棟は、2014年の診療報酬改定で創設されました。「医療・介護・予防・住まい・生活支援」が一体的に提供される地域包括ケアシステムを推進するための、有力な医療施設の誕生だったと思います。現在までの流れを総括して、感じていることはありますか。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示