このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
看護 【ぷち助探検隊と巡る消化器の旅!新人ナースのための消化器外科の解剖生理+疾患イラストブック】 消化器の全体像と働き
著作者
:
所属
:
弘前大学大学院医学研究科消化器外科学講座食道・胃外科
出版社
:
カテゴリ
:
ファイルページ数
:
2ページ
ファイル容量
:
0.3MB
税込価格:756円 獲得ポイント:21pt (3%)
内容紹介:
 解説
消化器とは、食べ物の消化・吸収を行う器官の総称です。食道、胃、小腸、大腸などの消化管と、唾液腺、肝臓、胆嚢、膵臓などの付属器官を消化器と呼びます。消化管は口から肛門まで続く1本の管です。口腔から、咽頭、食道へとつながっています。
食道の大部分は胸腔内に位置します。食道は腹腔内で、胃、十二指腸へとつながっています。胃は上腹部で肝臓の左葉の背側にあり、胃の背側には膵臓があります。十二指腸は腹腔の後壁に位置し、膵臓を取り囲むように走行します。十二指腸から空腸・回腸、大腸(結腸・直腸)、肛門へとつながっています。空腸・回腸には腸間膜があり、腹腔の後壁に緩く固定されています。左右の大腸(上行・下行結腸)は腹腔の後壁に固定されています。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示