このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
看護 【緊急度が伝わる! 医師が動きたくなる!ドクターコールと先輩に伝わる報告のしかた 3つ星★★★メソッド 〜SBARって何だっけ?〜】 ドクターコール・先輩ナースへの報告の基本
著作者
:
所属
:
大阪市立総合医療センター救命救急センター
出版社
:
カテゴリ
:
ファイルページ数
:
5ページ
ファイル容量
:
0.9MB
税込価格:756円 獲得ポイント:21pt (3%)
内容紹介:
 報告とは?
新人看護師に先輩看護師が「ほう・れん・そう、を心がけてね」と指導している姿をよく見かけます。ほう・れん・そう、とは「報告」「連絡」「相談」を意味します。報告ができない看護師はいないと思いますが、報告が苦手な看護師は少なくないと思います。自分では大事なことだと思い報告したつもりが、相手が大事なことだと受け止めてくれない、例えば、「本当は病棟に来て診てほしい、相談したい」と思っていても、「様子をみておいて」と言われて「本当にこのまま様子をみておいていいの?」と不安な気持ちになることなどもあると思います。また、そのような患者が急変した場合、「だからあのとき報告したのに・・・」と思うことや、うまく伝えられなかったことで患者に申し訳ない気持ちになることもあるのではないでしょうか。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
スマートフォン向けページを表示