このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
コメディカル 【食べられない患者の理由とその対策 疾患別アプローチ!経口摂取量アップのワザと工夫レシピ】 咀嚼・嚥下機能低下患者の摂取量アップ対策
税込価格:756円 獲得ポイント:21pt (3%)
内容紹介:
 嚥下調整食とは
嚥下調整食とは、嚥下機能障害に配慮して調整した食事の名称です。筆者が管理栄養士として病院で仕事に就いた30年以上前から、病院では、歯がなくて食事が食べにくいといった患者に対して、できあがった食事を包丁で細かく切った「きざみ食」を提供してきました。現在でも、医療や福祉の給食の現場では、きざみ食を行っている施設が多いようです。しかし、きざみ食は、口腔内でばらつきがあり、まとまりがなくてとても食べづらいものです。そのため、咀嚼機能だけでなく、嚥下機能が低下している高齢者にとって、きざみ食はとても危険な食事であるという認識をもつ必要があります。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示