このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 巻頭座談会 新生児聴覚スクリーニング
所属
:
1)鹿児島市立病院総合周産期母子医療センター新生児内科, 2)昭和大学医学部産婦人科学講座, 3)岡山大学医学部保健学科, 4)山口県産婦人科医会, 5)藤野産婦人科医院
特集・連載名
:
ファイルページ数
:
9ページ
ファイル容量
:
2.0MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 聴覚障害は早期に療育を開始することでコミュニケーションの形成や言語発達,quality of life(QOL)において大きな効果が得られることが知られている。近年,新生児期でも正確かつ簡便に聴覚スクリーニングが実施できる検査機器が開発され,一般の医療機関でも新生児聴覚スクリーニングが可能となった。難聴の頻度は現在マススクリーニングが行われている他の先天性疾患よりも高いため,早期発見を目的に全新生児を対象として行う聴覚スクリーニングの普及がきわめて重要となる。しかし先天性難聴児の約半数が危険因子をもたず,出生時に何ら異常を示さないため多くの新生児が検査を受ける機会がないことが問題となっている。そこで本座談会では,わが国の新生児聴覚スクリーニングの現状について,全国に先立つて新生児聴覚スク リーニングを推進してこられた岡山県,山口県の事例をご紹介いただいた。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示