このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
2018年 日本はこうなる
紙の本の価格: 1,728円

  
ビジネス・経済・社会 2018年 日本はこうなる
税込価格:1,728円 獲得ポイント:16pt (1%)
内容紹介:
「2018年の日本」を「86のキーワード」で展望する予測本の決定版!

日本経済の行方から働き方改革、外国人雇用、AI・IoT・ロボットまで、これ1冊で最新トレンドがわかる。

「国際社会・海外ビジネス」「産業」「企業経営」に加えて、「働く場」「社会・文化」「少子化・高齢化」「地域」「地球環境・エネルギー」のカテゴリーに分けて最新トレンドを解説。86のキーワードについて、わかりやすく、現状と課題を示す。

ビジネスの今後を考える際のヒントが得られるほか、商談にも、上司や同僚との会話にも役立つ「話のネタ」を仕込むのにも最適な1冊。

【主要目次】
巻頭言 「英国のEU離脱」から日本が学ぶべきこと
第1部 混迷の中で見えてきた出口の灯り
1…もう先送りは許されないアベノミクスの総決算
2…下振れリスクを抱えつつも、景気の回復が続く
3…世界景気は堅調な流れが続き、金利も上昇へ
4…原油はボックス圏が長期化、国際商品は適温相場

データで読む2018年のトレンド 生産性向上が真の課題 「働き方改革」はこうなる
2018年に予定されているビッグ・イベント

第2部 2018年を理解するためのキーワード
【国際社会・海外ビジネス】 米国の政治・経済/欧州政治ほか
【産業】 規制改革/アクセラレータープログラム/ブロックチェーン×IoTほか
【企業経営】 ファミリービジネス/事業承継ほか
【働く場】 非正規雇用/柔軟な働き方/AIと雇用ほか
【社会・文化】 時短消費/民泊法施行/障害者の社会参加ほか
【少子化・高齢化】 診療報酬・介護報酬の同時改定ほか
【地域】 関西経済/名古屋再開発/地方創生交付金ほか
【地球環境・エネルギー】 パリ協定/緑の気候基金ほか
ご購入コンテンツについて
●コンテンツのご利用には、Digital e-honアプリ(無料)のインストールが
 必要です。
●保存可能/印刷不可
●端末5台まで利用可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示