このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【情報共有で医療の質を上げる 地域医療連携・地域包括ケアがうまくいくIT活用】 Overview 2025年を見据えた情報共有のあり方 地域医療連携・地域包括ケアシステムを機能させるIT活用の方策と課題
著作者
:
所属
:
川崎医療福祉大学医療福祉マネジメント学部
ファイルページ数
:
2ページ
ファイル容量
:
0.6MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 はじめに
いわゆる団塊の世代が後期高齢者の世代となる2025年を見据えて,わが国は医療分野のみならず社会保障全体の枠組みで変容を求められている。国は「社会保障と税の一体改革」としてグランドデザインを描いているが,消費増税によって財源の手当てを行うと同時に,適切な給付に向けて制度の見直しや効率化に努めなければならない。この制度改革における医療・介護分野の重要なキーワードは,「地域包括ケアシステム」であり,そのシステムの下での医療機関・介護施設の機能再編と多職種連携である。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示