このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【ヘルスソフトウェアの正しい選び方 医療現場で安心して利用するために】 ヘルスソフトウェアを取り巻く行政・産業界の動向と今後の展望
著作者
:
所属
:
国立研究開発法人国立循環器病研究センター研究開発基盤センター
ファイルページ数
:
2ページ
ファイル容量
:
0.4MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 はじめに
2012年に「医療用ソフトウェアに関する研究会」が経済産業省,厚生労働 省,総務省連携により開催されてから早4年となる。並行して2013年度からは「医療用ソフトウェアの開発ガイドラインの研究会」にて,業界自主基準の基本的考え方が検討されていた。研究会の名称には「医療用ソフトウェア」という名称が付されているが,これらの対象は「医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」(当時の薬事法)の適用範囲外に位置づけられるヘルスケア関連のソフトウェアを対象としたものであった。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示