このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【マルチモダリティによるCardiac Imaging 2017 臨床編 心機能と形態の包括評価が臨床を変える】 II MRIのストラテジー&アウトカム イントロダクション 心臓MRIの最新動向と今後の展望
所属
:
1)日本大学病院放射線科, 2)日本医科大学付属病院放射線科, 3)日本医科大学付属病院循環器内科, 4)日本大学病院循環器内科
ファイルページ数
:
2ページ
ファイル容量
:
0.5MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 心臓MRIは,虚血性の心筋病変の評価に有用であり,さらに,ほかの画像診断と比べて,非虚血性の心筋症の鑑別診断や予後の予測に非常に優れているという利点を有する。これは,MRIが1回の検査の中で,心臓の形態,壁運動および心筋の浮腫や線維化などの心筋障害を評価できるからである。しかし現状では,心筋障害の評価法はT2強調画像や遅延造影(late gadolinium enhancement:LGE)にほぼ限られ,視覚的に評価されている。また,MRIは,検査時間が長い,LGEが検査の最後に行われるために患者が疲労しているといった欠点も有しており,検査件数と保険点数やMRIの待機時間との兼ね合いから,広く普及するには至っていないのが 現状である。そこで本稿では,上記の心臓MRIの欠点をブレイクスルーすると思われる最新の動向を述べる。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示