このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【マルチモダリティによるCardiac Imaging 2017 臨床編 心機能と形態の包括評価が臨床を変える】 III DAのストラテジー&アウトカム 1.肺動脈IVRのためのDA戦略
著作者
:
所属
:
東北大学病院診療技術部放射線部門
ファイルページ数
:
3ページ
ファイル容量
:
0.8MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 慢性血栓塞栓性肺高血圧症(chronic thromboembolic pulmonary hypertension:CTEPH)は,肺動脈が線維性の器質化血栓によって閉塞,または狭窄を生じ,血流が阻害されることで肺血管抵抗が上昇し,肺高血圧を生じる疾患である。無治療では,右心負荷から右心不全を生じ,予後は不良であり,患者数は近年増加傾向にある。
CTEPHの治療法では,血行動態が 安定している場合や自覚症状がある場合は,肺動脈血栓内膜摘除術(pulmonary endarterectomy:PEA)の適応となるが,肺動脈末梢が病変の主体である例やPEA施行後においても肺高血圧が残存,もしくは再発した症例では,肺動脈バルーン拡張術(balloon pulmonary angioplasty:BPA)が対象となる。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示