このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【マルチモダリティによるCardiac Imaging 2017 臨床編 心機能と形態の包括評価が臨床を変える】 IV PET/CTとSPECT/CTノストラテジー&アウトカム イントロダクション 心臓核医学検査の最新動向と今後の展望
著作者
:
所属
:
京都府立医科大学放射線診断治療学
ファイルページ数
:
2ページ
ファイル容量
:
0.5MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 心臓核医学の特徴
近年の循環器画像診断の進歩は目覚ましい。その中で,放射性薬剤を用いる心臓核医学検査は,常に循環器画像診断の牽引役を担ってきた。と言うのも,核医学検査が,最も臨床の場で求められる虚血性心疾患の診断,重症度判定,治療戦略などにおいて,信頼の高い非侵襲的検査法として活用されてきたからであろう。実際には,虚血の同定やその程度から重症度を予測し,血行再建術の適用の有無に至るまで,豊富なエビデンスに支えられてきた。核医学検査は,元来計測技術から発展しただけに,優れた客観性,定量性を兼ね備えている利点がある。また,検出感度がきわめて高いため,ごく微量の薬剤で安全に実施できる。さらには,用いる薬剤を工夫することで,種々の分子細胞機能の映像化ができる分子イメージングとしての役割も有する。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示