このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【人工知能は医療に何をもたらすのか AIを知る,考える,活用する】 II AIと医療を考える インタビュー 3.開発者の視点から考えるAIの技術開発 Watsonの診断支援が医師の負担を軽減する 医用画像と各種診療情報をベースにした診断支援システムをめざす
著作者
:
所属
:
日本アイ・ビー・エム(株)ワトソン事業部ヘルスケア事業開発部
ファイルページ数
:
2ページ
ファイル容量
:
0.7MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 2010年代に入って起こった第三次人工知能(以下,AI)ブームの火付け役と言われるのがIBM社のコグニティブ・コンピューティング技術「Watson」である。Watsonは,金融業やサービス業などの幅広い業種で利用されており,医療の世界でも,国内外で導入が進んでいる。特に,放射線医学の領域では,画像診断支援への活用が期待されており,技術開発の動向にも注目が集まる。そこで,日本アイ・ビー・エムのワトソン事業部ヘルスケア事業開発部長である溝上敏文氏に取材した。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示