このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【シーン別画像診断のいま 求められる画像と応える技術 Scene Vol.11 遠隔画像診断の「いま」を読む 臨床ニーズに応える検査と診断の質の向上をめざして】 III 遠隔画像診断を取り巻く動向 2. 遠隔医療の現状と将来展望
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 遠隔医療とは何か
1.遠隔医療の定義とニーズ
日本遠隔医療学会ホームページにある定義では,「遠隔医療(Telemedicine and Telecare)とは,通信技術を活用した健康増進,医療,介護に資する行為をいう」だが,医療ニーズから見れば,下記に挙げた3項目の重要課題に対して「ICTによる医療行為で改善を図ること」が,遠隔医療として理解しやすい。
(1)専門医不足の緩和
(2)高齢者,慢性疾患患者の増加に対応する在宅医療の拡大
(3)生活への介入による重症化予防
本稿では,遠隔画像診断を,検査技術や読影技術ではなく,地域にとっての価値,施設間の役割分担,診療報酬制度など,社会医学的な側面から検討する。その際,通常の遠隔画像診断サービスでは扱わない事柄も検討対象とする。また,遠隔医療全般とも対照する。その観点では,遠隔画像診断は上記3項目の(1)に該当する。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示