このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【Women’s Imaging 2017 Breast Imaging Vol.12 「高濃度乳房」問題をめぐる動向と画像診断技術の最新トピックス】 III 高濃度乳房に対する有効な画像診断技術とその最新トピックス 2.超音波診断装置の最新技術とトピックス 1)J-STARTの最新情報と今後の展望,超音波乳がん検診の可能性
著作者
:
所属
:
東北医科薬科大学乳腺内分泌外科
ファイルページ数
:
3ページ
ファイル容量
:
0.6MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 「がん対策のための戦略研究:超音波検査による乳がん検診の有効性を検証する比較試験(japan strategic anti-cancer randomized trial:J-START)」は,2007年から症例登録を開始したわが国初の大規模な無作為化比較試験である。2011年3月までに,およそ7万6000名の症例登録が終了し,2016年1月には検診の感度,特異度,乳がん発見率に関する研究成果がThe Lancetに掲載された。対策型検診を論ずる上で最も重要な死亡率低減効果に関しては,観察期間が不十分なため結論は得られていないものの,これまで国内,国外を問わずエビデンスの不足していた超音波による乳がん検診の概要が,科学的研究成果として明らかになったことは, きわめて大きな意義がある。本稿では,J-STARTの結果を踏まえた超音波検診の可能性と,これからの課題について考察する。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示