このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 スポーツ選手のためのリハビリテーションを考える 16 数値を検証する
所属
:
1)甲南女子大学看護リハビリテーション学部理学療法学科, 2)大阪大学大学院医学系研究科
ファイルページ数
:
5ページ
ファイル容量
:
0.6MB
ダウンロード期間
:
365日
税込価格:324円 獲得ポイント:9pt (3%)
内容紹介:
瀧口:病院でトップアスリートから中学生までACL(前十字靭帯)術後の患者さんをみていますが、中でもバレーボール選手は膝関節の屈伸筋力が低い場合が多いと感じます。トップアスリートでも健側で高校女子バスケットボール選手より低い選手もいます。しかし、そういう選手に術後筋力の問題を説明する際、左右差に関してはイメージしてもらいやすいですが、膝関節屈伸筋力とスポーツ復帰に向けてということでのパフォーマンステストの数値を出しても、なかなか納得してもらえないというか、きょとん、というような反応です。今までそういった観点でやってきていないためだと思います。それはテスト自体が悪いのでしょうか、それともテストの使い手が悪いのでしょうか。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示