このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【小児の睡眠関連疾患】 1.小児の睡眠関連疾患の理解に必要な基礎的事項
著作者
:
所属
:
名古屋市立大学大学院薬学研究科神経薬理学分野
特集・連載名
:
ファイルページ数
:
6ページ
ファイル容量
:
1.7MB
ダウンロード期間
:
365日
税込価格:810円 獲得ポイント:22pt (3%)
内容紹介:
Summary
・小児の睡眠関連疾患を理解するためには,脳の発達と睡眠の基礎科学的理解が必要である.本稿では,この基礎的事項を広く取り上げて紹介する.
・まず,小児と大人では睡眠時間と睡眠構造(NREM睡眠とREM睡眠の割合など)が大きく異なる.この違いから小児ではNREMパラソムニアが多く,大人ではREM睡眠行動異常症が多い.
・睡眠は種々のホルモンの分泌に関与することから,小児では睡眠量が脳の発達に影響を与える.日本の若年層は,世界でも最も睡眠時間が短く夜型であることから,睡眠覚醒相障害と,その対処法が重要となる.特に体内時計の調節法は重要である.
・睡眠覚醒はモノアミン系による大脳皮質の制御が基盤となっており,その発達異常による神経発達障害の症状と治療の理解のためにも重要である.カテコラミン系を強める薬は過眠症と発達障害の治療薬となり,GABA系を強めたり,覚醒系のヒスタミンやオレキシンを抑制する薬は睡眠薬となる.
・睡眠の量的制御機構の決め手となる睡眠物質は,まだ確定されていないが,睡眠中に脳の老廃物の排泄が活性化するという仮説が注目されている.
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
ランキング
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示