このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 めざせ達人シリーズ<X線撮影編> 一般撮影技術を見直そう! 〈脊椎No.8〉 1.KSSを考慮した全脊柱長尺撮影の描出範囲 その1〔the viewing area of long stroke(from spine to knee)radiography considering knee-spine syndrome〕
著作者
:
所属
:
奈良県立医科大学附属病院
ファイルページ数
:
4ページ
ファイル容量
:
0.8MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 はじめに
近年,加齢変性に伴う筋力低下,骨関節や脊椎の変性,骨粗鬆症などによ り運動器機能が衰えて,要支援や要介護から寝たきりとなるリスクが高くなる運動器症候群(locomotive syndrome:以下,ロコモ)が提唱され,厚生労働省や日本整形外科学会が予防対策を重要視するようになった。ロコモでは,立位姿勢が自立歩行障害や転倒にも関与するため,介護予防の観点からも姿勢改善が求められる。また,良好な立位姿勢は,高齢者のQOL(quality of life)改善につながるため,姿勢改善を要望する高齢者が増えてきた。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
医学文献 無料ダウンロード
facebook twitter
スマートフォン向けページを表示