このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【シーン別画像診断のいま −社会的要求への対応と課題 Scene Vol.12 オートプシー・イメージング(Ai) 第七弾 多死社会の到来で多様化するニーズに対応するAiの最前線】 V Aiの検査・診断の最前線 2.頭部領域における死後CT・MRIに関する論文レビュー
所属
:
1)三楽病院放射線科, 2)東京大学医学部放射線医学教室
ファイルページ数
:
4ページ
ファイル容量
:
0.5MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 2015年に上梓された「死後画像読影ガイドライン」でも言及されているように,死因や死亡時の状況評価において,死後の頭部CT・MRIは,解剖を凌ぐには至らないが,一定の役割を有している。頭部の死後画像の最大の利点は,開頭せずとも頭蓋内病変を繰り返し評価でき,生前や死戦期の病変を確認できる可能性があることである。その際,“有意な所見がない”という陰性所見も臨床的に重要な意味を持つことがあるし,頭部の死後画像があることでその後の解剖がスムーズに進む。また,本邦では体幹部の解剖の同意が得られても,開頭による脳解剖は施行されない場合もあり,このような場合は事実上,頭部についてはAiが解剖を代替することになり,その重要性は高い。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
スマートフォン向けページを表示