このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【シーン別画像診断のいま −社会的要求への対応と課題 Scene Vol.12 オートプシー・イメージング(Ai) 第七弾 多死社会の到来で多様化するニーズに対応するAiの最前線】 VII 海外におけるAiの最新動向 4.イギリス保健省が発表した死後画像診断サービスに関する報告書 その6
所属
:
1)鳥取大学医学部法医学分野, 2)聖隷富士病院放射線科, 3)筑波メディカルセンター病院放射線技術科
ファイルページ数
:
3ページ
ファイル容量
:
0.5MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 2012年10月26日,イギリスの「死後・法医学・災害時の画像診断を国民保健サービスに導入する保健省サブグループ」は,「CT,MRIを利用した死後画像診断は,侵襲的な解剖の補助または代替として,国民保健サービス内で実行可能か?」という題名の報告書を発表した。そして,われわれは,本誌2013〜2017年のそれぞれ1月号で継続して同報告書の概要を報告してきた。本稿では,報告書の第3節 第4小節「人員研修の必要条件」を紹介する。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
スマートフォン向けページを表示