このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【シーン別画像診断のいま −社会的要求への対応と課題 Scene Vol.12 オートプシー・イメージング(Ai) 第七弾 多死社会の到来で多様化するニーズに対応するAiの最前線】 VIII Ai専用CTの普及に向けて 1.シーメンスが考えるAi専用CTとその普及に向けて
著作者
:
所属
:
シーメンスヘルスケア(株)ダイアグノスティックイメージング事業本部CT事業部
ファイルページ数
:
1ページ
ファイル容量
:
0.3MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 現在,CTを使用した死亡時画像診断(autopsy imaging:Ai)は,過渡期を迎えていると言っても過言ではない。各ベンダーからdual energy imaging技術が開発され,形態評価だけにとどまらず,物質弁別や定量評価が可能となっている。シーメンスによるdual energy imaging技術の開発の歴史は古く,1980年代までさかのぼる。それから30年経過した現在,dual energy imagingのパイオニアとして,Ai専用CT「SOMATOM Scope Power(Ai仕様)」および,さまざまなdual energy解析アプリケーションを搭載した画像診断支援システム「syngo .via」をリリースした。dual energy撮影が可能なAi専用CT国内1号機が,新潟大学大学院医歯学総合研究科死因究明教育センターにて2016年10月より稼働している。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
スマートフォン向けページを表示