このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【マルチモダリティによるCardiac Imaging 2018 Radiomics時代を支える最新診断技術 技術編 それぞれの技術の到達点】PET/CT シーメンスヘルスケア株式会社 OncoFreezeによる撮像時間の延長が不要なPET体動補正
著作者
:
所属
:
ダイアグノスティックイメージング事業本部分子イメージング事業部
ファイルページ数
:
2ページ
ファイル容量
:
0.6MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 最新の統合型Positron Emission Tomography・Computed Tomography(以下,PET・CT)では,等方性高分解能型LSOクリスタルの小型化により,空間分解能は約4mmまで達成している。さらに,点広がり関数(PSF)などの高度な再構成の採用により,小病変の検出能が改善された。ところが,PETの撮像時間は数分を要するため,体動の影響により画質の劣化が避けられない。実際,臨床においての18 F-fludeoxyglucose(以下,FDG)集積は,呼吸運動によって数センチ単位で位置ズレを起こすため,せっかく向上した分解能が無効となってしまう。小さな病変の場合,体動によって病変体積の過大評価や,FDGの集積の過小評価によって定量精度を損なってしまう可能性がある。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
スマートフォン向けページを表示