このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 【マルチモダリティによるCardiac Imaging 2018 Radiomics時代を支える最新診断技術 技術編 それぞれの技術の到達点】IT 富士フイルムメディカル株式会社 腹部領域における「SYNAPSE VINCENT」の技術紹介
著作者
:
所属
:
ITソリューション事業本部事業推進部3D営業技術グループ
ファイルページ数
:
2ページ
ファイル容量
:
0.6MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 異なるモダリティ間の非剛体位置合わせ
肝細胞がん(以下,HCC)の画像診断で用いられるダイナミックCTを利用して,肝臓,脈管系,腫瘍を抽出し,ワークステーション上で系統的亜区域切除術前の支援画像を作成することが日常的になっている。一般的にはCTのみで支援画像の作成を行うが,早期のHCC,乏血性結節症例では病変と正常肝でコントラストが保てず,正確な病変部を支援画像へ適切に反映できない。このような疾患において肝臓MRI造影剤を用いると,本造影剤の性質により境界明瞭な画像を生成でき,正確な腫瘍領域の抽出が可能となる反面,呼吸相,モダリティの違いによる位置ズレの問題が発生する。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
スマートフォン向けページを表示