このボタンをクリックすると、
当該コンテンツの1ページ目だけがダウンロードできます。
(一部のコンテンツのみが対象となっています)
ダウンロード方法は、「ダウンロード体験」ページを参照してください。
なお、立ち読みページは印刷不可となっております。
あらかじめご了承ください。
※立ち読みを閲覧していただく際にも、Acrobat Reader8.0以上が必要となります。
このボタンをクリックすると、
「カート」内容を確認する行為をショートカットし、
すぐさま決済画面へ移動することができます。
お求めのコンテンツを即購入したいお客様にとって非常に便利な機能となっております。
医療 めざせ達人シリーズ<X線撮影編> 一般撮影技術を見直そう!〈最終回〉診療放射線技師が知っておきたいX線撮影 進化するX線撮影の達人をめざして(aiming at a master of X-ray photography which has been evolving)
著作者
:
所属
:
奈良県立医科大学附属病院
ファイルページ数
:
4ページ
ファイル容量
:
0.8MB
税込価格:540円 獲得ポイント:15pt (3%)
内容紹介:
 はじめに
X線撮影は,レントゲン博士がX線を発見した翌年(1896年)から臨床画像に成功した歴史がある。臨床画像は,X線写真のフィルム時代からフィルムレスのフラットパネル検出器(flat panel detector:FPD)にまで発展した。骨関節のX線撮影は,100年前からある臥位撮影を基本に大きく変わることなく施行されてきた。しかし臨床現場では,荷重時の関節病態と関節アライメントを描出するため,定説の臥位撮影ではなく立位撮影が求められるようになっている。
ご購入コンテンツについて
●保存/印刷可能
●ご購入後の返品/キャンセル不可
●ダウンロードにはブロードバンド環境を推奨

この商品をチェックした方は、こちらもチェックしています。

医中誌パーソナルweb新規申し込み・ログイン
スマートフォン向けページを表示